スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本で黄砂 16年ぶり12月観測(産経新聞)

 気象庁によると、26日、九州から中四国、近畿地方の各地で黄砂が観測された。黄砂は「土降る」として春の季語になるなど春に多く、同庁天気相談所によると、日本国内で12月に黄砂が観測されたのは平成5年以来、16年ぶりという。

 黄砂が観測されたのは、鹿児島、宮崎、大分、熊本、佐賀、福岡、松江、鳥取、山口、広島、松山、舞鶴(京都)など。多くの地点は視程(水平方向で見通せる距離)は10キロ以上だが、鳥取は7キロ、松江は8キロまで落ちた。黄砂は韓国でも観測され、視程が2~5キロに落ちた所もあった。

 気象庁によると、中国大陸から日本海に進んでいる低気圧によって、中国大陸で砂ぼこりが巻き上げられ、偏西風に乗って日本列島に飛来したとみられる。

g88dutxtの日記ブログ管理ツール
null
カードでお金
債務整理・自己破産
ショッピング枠現金化
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケチュアスキー

Author:ケチュアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。