スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<普天間>首相、グアム移設否定 社民党の反発必至(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日、民放ラジオ番組の収録で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「抑止力の観点からみて、グアムにすべて普天間(の機能)を移設させるということは無理がある」と述べ、社民党の主張するグアムなど国外への移設の可能性を否定した。28日には移設先を検討する政府・与党協議が始まる予定で、社民党の反発が予想される。

 06年の日米合意には普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への移設とともに在沖縄海兵隊8000人のグアム移転が盛り込まれているが、首相は「それ以上というのはなかなか難しい」と指摘。「グアムに全部行ける(収容)能力はあるわけだから、その可能性を否定したくなかった」とグアム移設を選択肢に入れていたことも認めたうえで、東アジア地域の抑止力として在沖縄海兵隊は必要との認識を示した。

 普天間問題を巡る対応が混乱したことについては「結論が出る前に他の閣僚と打ち合わせをして、話すべきではないところは話すべきではなかった」と述べ、岡田克也外相や北沢俊美防衛相がそれぞれの見解を表明したことを反省点に挙げた。

 首相はまた、憲法改正について「地方と国とのあり方を大逆転させる地域主権という意味の改正をしたい」と意欲を語った。首相は野党時代に「自衛軍の保持」や「地方主権の確立」などを柱とした新憲法試案を発表しているが、首相就任後に具体的に言及するのは初めて。ただ、今後の進め方については「首相は憲法を守る順守規定がある。党でしっかり議論していただきたい」と述べるにとどめ、9条改正については「必ずしも9条でない」と慎重姿勢を示した。【小山由宇】

【関連ニュース】
偽装献金:鳩山氏秘書、罰金30万円を納付
鳩山首相:「理念貫けた」と自賛…新政権初の当初予算
鳩山首相:普天間移設先「来年5月までに決定」
首相偽装献金:閣僚批判せず 裁判控え慎重対応か
鳩山首相:27日からインド訪問 シン首相と首脳会談

h8hy0iutの日記ブログ管理ツール
世界はめまぐるしく変化する
カードでお金
クレジットカード現金化 即日
2ショットチャット
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケチュアスキー

Author:ケチュアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。