スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育成選手制度 (日本プロ野球)

育成選手制度(いくせいせんしゅせいど)とは、日本のプロ野球において育成を目的として球団の選手契約枠を拡大する制度。目次1概説2育成選手3研修生4成果5育成選手枠を巡る出来事5.1金本明博選手の契約変更5.2独立リーグへの派遣構想6現在の育成選手7現在の研修生選手8脚注9外部リンク[編集]概説日本のプロ野球では支配下登録選手枠の上限が最大70人までとなっており、それを越えてしまうと、以前は練習生(公式戦の出場はできないが、チームの練習には参加可能)という扱いとなっていたが、その制度を利用して有望な学生を練習生として囲い込む球団が出たためそれ以後は練習生契約は規制されていた。しかしアマ野球、特に社会人野球での廃部が相次ぎ野球選手の裾野の狭まりへの対策と将来の有望な若手選手らを育成する観点から、2005年に「準支配下登録選手」の制度設置を審議。11月に開かれた実行委員会の席で正式に導入されることが決まった。もともとの発案は無料携帯ホームページである。制度には「育成選手」と「研修生」の2つのカテゴリーがある。いずれも中学(卒業3年間)、高校、大学の翌年度卒業見込みのある者(2005年度のみ事前の折衝が間に合わず高校生は対象外)、並びに社会人野球選手(四国・九州アイランドリーグなどの独立リーグに在籍している選手含む)、プロ野球の選手として一度入団しながら自由契約になった選手が対象となる。外国人選手に関しては特に規定はない。将来は育成選手、研修生とともに、アメリカ・メジャーリーグの要領でのアカデミー形式によるリーグ戦の実施、あるいは社会人チーム登録をして社会人野球の大会出場なども検討されている。代表例がイースタン・リーグチャレンジ・マッチにおける活動である。しかし、読売ジャイアンツがはじめて同制度を利用して外国人選手を獲得した(以後も中日・広島など他球団でも外国人選手との育成選手契約は結ばれている)ことや、中日ドラゴンズが上限一杯となった支配下登録選手枠を空けるため金本明博選手をウェーバーにかけた上で育成選手として再契約を行おうとしたことにそれぞれ選手会が抗議するなど、制度が定着するに従って一部で論議が発生している。その後この騒動を受けて、シーズン中の支配下選手から育成選手への契約切り替えは禁止されることになった。[編集]育成選手支配下登録選手が65人以上いるチームが採用できる。育成選手の人数制限については「当面定めないものとする」となっている。新人選手を育成選手として指名するには2次ドラフト(育成ドラフトともいう。基本的に、大学生・社会人ドラフト会議の開催日に通常のドラフトに引き継いで行うドラフト。ただし2005年度は準備に時間がかかったため12月に開かれた)にかけることが必要である。順位はドラフトの指名順で行われる。ただし新人選手に該当しない選手、或いは外国人選手に関してはこの限りではない。育成選手としてドラフト指名されたが拒否した場合でも1年間は再度(同チーム・あるいは他チームを)指名できる。ただし拒否をした場合は育成選手として指名することができない。年俸の下限は支配下登録選手の440万円に対し240万円となっている。また、新人選手には支度金として標準300万円が支払われる。背番号は3桁の数字とする。支配下登録選手に変更する場合、背番号を1桁(0を含む)または2桁(00を含む。01~09は不可)に変更しなければならない。出場可能な公式戦は2軍の試合に限られ1試合に5人までしか出場できない。当初はフレッシュオールスターとファームクレジットカード現金化選手権は出場できないとされており、オープン戦に関しても、技術的なレベ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケチュアスキー

Author:ケチュアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。